自動車ローンの借入先を選ぶ際に一番気になるのは【金利】です。低金利の自動車ローンを紹介しています!

いわゆる目的別ローンの中でも自由性が高い多目的ローン、フリーローンに注目が集まっています。

「普通のカードローンの借入とどう違うの?? 」とごちゃごちゃになっている方も多いようです。

確かに両方とも、借入の目的が「住まいの為に」「教育費の為に」「自家用車購入のために」と厳格に定められていませんが、2つとも全く違う金融商品です。

まず、フリーローンはカードローンとは異なり、お金を引き出すチャンスはたった1回しかありません。

例えば100万円の枠を貰ったとして、100万円を最初に借り入れたら、借入チャンスはその1度きりしかありません。

借り入れた後返し続けると次第に利用枠が増えていきますが、その利用枠に手をつけることはできません。

これがフリーローンの特徴です。

一方、カードローンは許された枠内で何回でもお金を引き出すことができますし、真面目に返し続けるうちに限度額が上がることもあります。

金融機関側から「上げましょうか、上げることができますよ」とお知らせが届くこともありますし、自分で限度額の引き上げをお願いした場合も、特に問題がなければすんなりOKが出るでしょう。

ところがフリーローンの場合、追加融資は可能ですがその場合、改めて本格的な審査を受け、契約を取り交わし直さなければなりません。

時間もかかりますし、きちんとした手続きが必要です。

気軽に・・・と言うわけにはいきません。

共通しているのは事業性を帯びない借入目的なら、使い道をうるさく制限されないことぐらいでしょうか。

いづれにせよ金利はマイカーローンよりも高くなるりますが、審査に通りやすい傾向にあるので借入先の候補として検討してみるのもアリだと思います。

 

マイカーローンの金利比較をする


自動車ローンを組む時に借入れ先の金融機関として、どこに申し込むかということは比較検討する必要があります。

自動車ローン選びで先ず一番最初に目が行くのは、【金利】もなりますよね。

もちろん低金利であるほど、支払い総額は少なくなるので金利のチェックは欠かせません。

しかし、金利ばかりに目がいっていると思わぬ落とし穴にハマってしまうこともあるから要注意です。

 

金利以外に調べることについて

金利を調べる時のチェックポイントして、その金利に保証料などは含まれているのかどうかをチェックする必要があります。

JA(農協)のマイカーローンでは、保証料が別になっています。

どの保証会社を利用するかによって、保証料の料率が変わってくるので注意が必要です。

銀行系の自動車ローンでも、保証料が別の場合と含まれる場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

車のローンの場合は、保証料で数万円取られてしまうと、金利換算にすると結構なパーセンテージを取られることになります。

せっかく低金利だと思って契約しても、総支払額が大きくなってしまっては意味がありません。

日立キャピタルや損保ジャパンのように低金利で保証料込みという自動車ローンの金融機関もあります。

そのような金融機関の自動車ローンを利用できれば申し分ありません。

もちろん審査がありますので、申し込めばり用できるというものでもありませんが、できれば利用を検討してみるtことをオススメします。

金利が安いマイカーローンを提供している銀行はこちらになりますので、金利比較や保証料などを確認してみてください。

金利が安いマイカーローン

最新更新:2016年7月6日